自立支援医療の更新と精神障害者保健福祉手帳の申請をしました

以前から自立支援を受けており、また去年から障害者手帳の取得も検討していました。
どちらも一つの診断書で手続きができるとの事だったので、自立支援の更新期間内の今日、一緒に手続きをしてきました。


スポンサーリンク

自立支援医療(精神通院医療)とは?

簡単に言うと、長期の通院が必要な人の医療費を軽減させる制度です。本来3割負担の医療費が1割負担まで軽減されます(精神科治療に限る)。また、所得区分によっては、月0円(実質負担なし)、2500円、5000円、10000円、20000円などの上限があります。所得が一定以上ある人は基本的には自立支援医療を受けることができません。
詳しくは各自治体の障害福祉課にご確認ください。

精神障害者保健福祉手帳とは?

何らかの精神疾患により、長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある人を交付対象としています。
対象となるのは

・統合失調症
・躁鬱病
・非定型精神病
・てんかん
・中毒精神病(有機溶剤などの産業化合物、アルコールなどの嗜好品、麻薬、覚醒剤、コカイン、向精神薬などの医薬品)
・器質精神病(精神遅滞を除く)
・その他の精神疾患(発達障害を含み、精神遅滞を伴うものを除く)

となっています。
診断された日から6ヵ月以上経過していることが条件となります。
また、等級が1級から3級まであり、精神保健センターの審査によって決まります。
手帳を持っていることで各種税金の控除が受けられたり、福祉サービスを受けられたり、障害者枠で仕事を探せるようになります。また、テーマパークや動物園、美術館などの料金が割引になったりします。
詳しく各自治体の障害福祉課にご確認ください。

一度で一緒に更新・申請ができる

病院の人に教えてもらったのですが、一つの診断書で自立支援と障害者手帳の両方の手続きを一度にすることができます。そのため診断書代の節約にもなるし、更新の手続きも同時期になるため楽になります。自立支援を受けていて障害者手帳の取得を考えている人は、自立支援の更新のタイミングと合わせることをオススメします。

自立支援医療の更新に必要なもの

・診断書(障害者手帳と一緒に申請する場合は、精神保健福祉手帳用診断書)
・保険証
・印鑑(認印でOK)
・通院している病院(デイケア)と薬局の名前、住所、電話番号(変更がある場合)
・現在の受給者証
・マイナンバーが分かるもの
・障害年金の振込み通知書(障害年金を受給している場合)

あとは窓口で以下のものを用意してくれます。

・申請書
・課税証明書または非課税証明書(本年度分)の確認の同意書
・所得確認の同意書

精神障害者保健福祉手帳の申請に必要なもの

・精神保健福祉手帳用診断書
・顔写真(縦4cm×横3cm、裏面に名前と生年月日を記入)
・マイナンバーが分かるもの

申請書は窓口で用意してくれます。

手続きはそんなに難しくない

あとは各自治体の障害福祉課の窓口で必要書類を提出し、職員さんの指示通りに書類記入すれば手続きは完了です。私の場合、同意書に記入している間に職員さんが申請書の署名以外の部分を代筆してくれました。

自立支援の新しい受給者証は郵送で送られてきますが、障害者手帳は窓口まで取りに行かないといけません。
また、申請時か手帳受け取り時に診断書代の領収書を持っていけば上限5000円までなら還付されるそうです。これは自治体によるのかもしれません。

とりあえず手帳ができるのが3月中旬頃とのことなので、領収書を持って受け取りに行こうと思います。
受け取ったらまた報告します!



LINE@では小鳥遊みちる及び個人サークル「天鏡ラボラトリー」の活動についてお知らせしています。Twitterはプライベートな内容が多いので、お知らせだけ受け取りたい方はこちらがおすすめ!! 友だち追加