【閉鎖病棟入院記】vol.1 入院初日

という訳で入院しました。諸々がひと段落したのでこれを書いています。
一気に色々説明を受けたので頭の中でうまくまとまってないのですが、とりあえずメモがてら書いておこうと思います。

スポンサーリンク

まず前回測る予定だった身長と体重を測りました。身長171cm、体重55kgくらい。身長172だと思ってたので縮んだのかな…?笑

そして看護師さんの問診のあと担当の先生の診察。
前回も似たようなことを聞かれた気がするんだけどまあうん。

で、いざ病棟へ。
私が行くのは急性期病棟でした。
病棟に入る前に手前のナースステーションで荷物検査を受けました。全部出してチェックしていきます。
前回持ち物リストに挙げたものでアウトだったのがスニーカーの紐と手鏡でした。あとボストンバッグのショルダー紐もアウトだったので外して母に持ち帰ってもらうことになりました。
スマホの充電ケーブルとイヤホンとDVDプレーヤーはOKでした。DVDプレーヤーが一番の懸念だったのですが、ケースを開けることもなくスルー。まあ良かった。

そこからいよいよ鍵の向こうの病室へ。
一人部屋でトイレが共用のお部屋です。でもちょうどトイレが目の前でよかった。
部屋には洗面台と鏡、収納棚、椅子一脚、ゴミ箱、ベッドがあります。収納棚には鍵付きのものが一つあり、縦長の扉には内側に鏡が一つ。手鏡持ち込めなくても充分間に合いましたね。
冷蔵庫とテレビは有料で、テレビは1日だけ借りるとかは出来ないそうです。ここでニチアサを諦める私…キュウレンジャーと仮面ライダー見たかった…。
エアコンはリモコンが共用でナースステーション前にあるので借りて使って戻すシステムです。湿気が気になったので早速ドライに設定しました。

荷物の整理をしていると看護師さんが入ってきて、レントゲンとCTに呼ばれました。
レントゲンは胸とお腹を。レントゲンには慣れてるので楽々クリア。そしてCTは初体験。特に何もなくすぐ終わりました。笑

また病室に戻って荷物の整理をしていると手続きを終えた母と看護師さんが来ました。そこで病棟内を簡単に案内してもらうことに。
食事は基本ホールでみんなと取るようです。でもどうしても調子が良くない時などは自分の部屋でも食べられるそう。

洗濯も入院の相談をした時は使えないと言われていたのですが使えるそうです。なんだよ!笑
空いていれば自由に使えるそうです。ただし乾燥機がないので、鍵付きの乾燥室に干すことになります。
とりあえず母に洗剤とハンガーを持ってきてもらうことにしました。

浴室とシャワーは曜日で使える場所が違います。入れる時間は決まっていますが、空いていればいつでも入れます。その際はナースステーションに一声かけてから。ドライヤーは備え付けのものがありますが部屋には持ち込めません。

私はナースステーションに一声かければ院内なら自由に行動できますが、他の人は病棟の鍵の外に出られない人もいる様子。まあ閉鎖病棟ですからね。
面会も病室に入れるのは親族のみで、友人知人は外のロビーで会うことになるようです。

外出・外泊は前日の16時までに申請して、先生の許可が出れば行けます。

1日のタイムスケジュールを聞いたのですが、具体的にプリントしたものがないとのことなので口頭でぼんやりとききました。
ご飯は8時、12時、18時で20分前にアナウンスがあるそうです。
そして9時に昼勤の人が来て検温とかするようです。
16時に夜勤の人が来て様子を聞かれました。
その後も17時くらいに巡回が。

この記事を書いているうちにアナウンスが流れて体重測定をしてきました。17時20分くらい。

そして18時にご飯でした。最初の病院食。
・ご飯
・じゃがいもといんげんのお味噌汁
・チキンソテー
・キュウリと大根ともやしのナムル風
・冷奴ミョウガ乗せ
ご飯が私にとっては少し多かったけど完食しました。意外と美味しかったです。

部屋に戻ってお茶を飲んでいると18時30頃にアナウンスが流れて夕方のお薬の時間に。
看護師さんが部屋に来て薬を持ってきてくれます。飲んだお薬がなんだったかはナースステーションに言って聞けばカルテを見せてくれるそうなので行ってみました。

毎食後
・リチウム
・タンドスピロン
就寝前
・レメロン
・ランドセン
・ロゼレム
・ラミクタール

前の病院と処方がちょっと違います。タンドスピロンとか初めて聞いたぞ、と思って調べたらセディールのことでした。名前はなんとなく聞いたことあるけど飲んだことないやつです。
はたしてどんな風に効いてくれるのやら。

明日は採血と尿検査をするそうです。
採血怖いなぁ…針嫌いなんです…そして高確率で採血後に倒れる…。
それだけ少し憂鬱ですが明日も頑張ろうと思います。



LINE@では小鳥遊みちる及び個人サークル「天鏡ラボラトリー」の活動についてお知らせしています。Twitterはプライベートな内容が多いので、お知らせだけ受け取りたい方はこちらがおすすめ!! 友だち追加